街頭 キャッチセールス クーリングオフ

街頭でのキャッチセールスに注意してください。

│女性被害者が多いものは、美容に関するものです。

アンケートお願いします、お礼いたしますので!こんな言葉から連れ込まれ、料金説明は行わず、後日きてください、予約にします!として、当日行くとエステの契約、化粧品の契約と突然迫られます。

そこまで一切の説明がなく行われるため、無料なんだろう、お礼なんだろうと思っていたら当日突然支払があることを知らされ、断るに断れず承諾してしまうことが予見できますよね。

もちろん断ることが必須なんですが、何故クーリングオフの制度があるのか?を考えれば分かる通り、意図せず突然迫られることや、当日エステ等サービスを受けるつもりで予約来店し、突然料金を知らされるというのは、ちょっと変ですよね。何故なら予約来店前に料金の説明ができるため、エステ側に瑕疵がないと断言することは難しいのではないでしょうか。

│エステ、化粧品で合計30万円分など、高額です。

もちろんクーリングオフ対象ですが、化粧品など、自らの意思で開封して利用してしまうと、利用した分は返品できません。買うつもりがなかったものを開封して利用しただけで数万円発生します。よくわからず契約してしまったが、せっかく買ったんだし、使ってみようと思うのも当然で開封してしまいやすいですよね。しかし開封してはダメなんです。

エステサロンの契約書自体にもクーリングオフに関しての説明書きしているほどなので、最初からその前提で街角で「アンケート」「謝礼」とやってきて、開封させる分だけでも利益を出しているわけですね。

女性をカモにしているエステサロンは、数多くあります。街頭でアンケート、謝礼、礼をする等は全て怪しむべきです。契約に関しても書いてはいけません。

契約に関しては、契約ごとは熟慮するべきものであり、早急にその場で行わなければならないと思わされる(心裡留保)ようなものは、全て疑うべきです。

アンケートとして行い、50代の肌ですね、50代の鼻の黒ずみですね、などと不安を煽り契約に取り付ける行為は横行しています。

少なくとも街頭でキャッチをしてくる場所より、医療系のところがまともです。

投稿者: みずがめ座

パスワード保護された記事があります。お問い合わせからどうぞ。